トップページ | 2010年3月 »

2009年10月

風水五行の考え

インテリア風水を語る上では無くてはならない物の1つは五行という概念です。風水の基本では、世界のすべてを五つの要素に分類し、各々の相互関係で成り 立っているという考えです。

五行というのは万物が木(もく)、火(か)、土(ど)、金(きん)、水(すい)の五つに分類できるという考え方で、風水インテリアでも家具や装飾品をその 概念に当てはめて分類することから始まります。 風水インテリアでは家具の素材や置いている場所、家具のカラーの組み合わせ、花の飾りかたやインテリア雑貨の配置の仕方もすべて、家の中に良い気を創るた めにバランスのよい五行の組み合わせが鍵となるのです。 風水インテリアというとそんなばかばかしいこと信じられないとかめんどくさいとか言う人も居ますが、四季や方位も考える風水は、五行の考えに従って家具や 間取りを配置すると家の中の通気性がよくなることが知られています。

風水の考え方でインテリアや装飾品や電化製品を配置することで病気がよくなったがいます。その中には、室内のカビの巣窟が風にさらされて肺炎がよくなった 人なども含まれています。夏には夏の風水、冬には冬の風水でまめな配置換えが健康によい空気の流れを作ってくれるようです。 風水インテリアは心理的にも非常に効果的であることがわかっています。住んでいる人の気持ちを高揚させてくれるらしいのです。せっかくですから、あなた自 身がさらに前向きな気持ちになって、幸運な部屋、家の効果を最大限に活用しましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年3月 »